バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとは

みんなのシストレが提供する「みんなのオプション」とは、
外国為替レートを指標とした店頭バイナリーオプションです。

バイナリー(binary)とは、「二進法」の意味です。つまり「0」か「1」かの二者択一。
その意味の通り、ある条件を「満たす」か「満たさない」かが投資対象となります。
為替レートを指標としたバイナリーオプションの場合、円安になると利益を得られる「チケット」か 円高になると利益が得られる「チケット」のいずれかを購入し結果が予測通りになれば 利益が払い出せるという仕組みです。

オプション取引とは

オプション取引とは、「ある原資産の将来の特定の期日(満期日)に、 特定の価格(権利行使価格)で買う権利(コール)、 または売る権利(プット)を売買する取引」のことです。 買う権利のことを「コールオプション」、売り権利のことを「プットオプション」といいます。

満期日(権利行使日)

オプションの権利を行使できる日を表します。

権利行使価格

原資産を満期の時に売買することのできる価格です。

コール

原資産を買う権利

プット

原資産を売る権利

オプションの種類

オプションには多くの種類が存在します。ここでは主要なものを紹介します。

権利行使のタイミングによる区別

「アメリカンタイプ」・・・期間中いつでも行使可能なオプション
「ヨーロピアンタイプ」・・・満期日のみ行使可能なオプション

形態による区別

プレーンオプション・・・コールやプットのような基本的なオプション
エキゾチックオプション・・・プレーンオプションに特殊な条件を付加したオプション。
バイナリーオプションはエキゾチックオプションに含まれます。

プレミアムとは

プレミアムとはオプションの価値を指します。プレミアムは「本質的価値」と「時間的価値」の2つの価値から構成されます。

本質的価値

オプションの権利行使を行ったときに得られる価値のことです。本質的価値は以下の3つの状態があります。

名称 状態
インザマネー 権利行使を行った場合の損益がプラスの状態(本質的価値がある)
アットザマネー 権利行使を行った場合の損益がゼロの状態(権利行使価格=原資産の現在価格)
アウトザマネー 権利行使を行った場合の損益がマイナスの状態(本質的価値がない状態)


時間的価値

将来の価格変動によってオプションの価値が高まるかもしれないという期待に対するの価値です。
一般的に時間的価値は満期日までの残存期間や予想変動率の大きさによって決まります。

残存期間

満期日までの期間が長ければ長いほど、原資産の将来の価格は不確実性が増していきます。
逆に満期日までの期間が短くなるほど、原資産の将来の価格は確実性が増していき時間的価値が減少していくことになります。

予想変動率

予想変動率とはボラティリティのことで原資産価格の変動の激しさを表すパラメータです。
ボラティリティが高ければ相場変動の期待度も大きくなり、小さければ期待度は小さくなります。

プレミアムの算出モデル

ブラックショールズモデル

ヨーロピアンタイプのオプション価格を計算するモデル。原資産価格、行使価格、期間、変動率、金利等

2項モデル

原資産価格やプレミアムの変動パターンをツリー(樹形図)型の価格変動モデルにあてはめて、オプション価格を導き出そうとするもの。

損益

ここではFXとバリナリーオプションにおける損益について説明します。

バイナリーオプションでは、予測が外れた場合、チケット購入価格が損失となります。 失うのはチケット購入のために支払った金額のみで、 相場が予測に反して大きく動いた結果、購入した金額以上の損失を被ってしまうということはありません。 1回あたりの投資における最大の損失は、その購入金額に限定されています。 また、予測通りに相場が動いた場合はチケット購入金額とペイアウト金額の差額が利益となります。