FXの基礎知識

FX(店頭外国為替証拠金取引)とは?

FXってなに?

FXって何?聞いたことはある方も多いはず。FXとは、「外国為替証拠金取引」のことで、外貨投資のひとつです。英語では、外国為替を「Foreign eXchange」と言います。そこからFとXを取って、「FX」と呼ばれるようになりました。
たとえば、米ドルが安いときに買って、高いときに売ることで収益が発生します。

もっと具体的に説明すると、1ドル=100円のときに米ドルを買って、1ドル=110円になったときに売れば、1ドルにつき10円の利益が出ます。このときもし1,000ドル買っていたら、10,000円(1,000ドル×10 円)の利益が出るのです。もちろん、思惑とは逆に1ドル=90円になってしまうこともあるでしょう。この場合、1,000ドル買っていたら、10,000 円(1,000ドル×10円)の損失となります。

外国為替ってなに?

日本で流通している貨幣は「円」です。米国では「ドル」、ユーロ圏では「ユーロ」など、それぞれの国で流通している貨幣を「通貨」と呼びます。その異なる二つの「通貨」を交換することを「外国為替」といいます。また、通貨を交換するときの交換比率を「為替レート」と言います。

円高・円安とは?

「円高」とは「円の価値が高くなる」ことを意味します。反対に、「円安」とは「円の価値が安くなる」ことを意味します。極端な例として「1ドル200円」の時にアメリカ旅行へ1万円のお小遣いを持っていっても50ドルにしかならないが、「1ドル100円」の時になればお小遣いは倍増して100ドルになるのでたくさん買い物をすることができます。

レバレッジとは?

それって、外貨預金と変わらないのでは?と思った方もいるでしょう。FXと外貨預金の大きな違い─それはレバレッジです。
レバレッジとは少ない資金で大きな資金を運用することを言います。先ほどの例で、1ドル=100円のときに1,000ドル購入する例をあげました。この場合、海外旅行に行ったり外貨預金をする際には通常、10万円(1,000ドル×100円)が必要になってきます。
しかしFXですと、1,000ドルの取引をするのに必ずしも10万円が必要ではありません。FX会社に預け入れた資金を担保に、その数倍~数十倍の金額の取引を行えるのがFXの特徴です。
ただし、レバレッジが高い分、ハイリスクハイリターンになりますので、FXを初めて取引される方は資金に余裕をもってレバレッジも低めに設定して取引を始めてみるといいでしょう。

外国為替市場とは?

外国為替市場とは?

外国為替市場とは為替取引が行われている場所を指しています。しかし、証券取引所や商品取引所のような実際の取引所は存在しません。
銀行・証券のディーラー同士が電話や為替ブローカーを介して相対で取引をしています。 ニュースなどで「ニューヨーク市場」や「東京市場」というのは、その時間帯に中心となっている市場という意味合いで使われています。
中心となっている市場とは、その時間帯が日中の地域を指しているようです。
これらの総称を外国為替市場と呼んでいます。

外国為替市場の参加者は?

外国為替市場の参加者はインターバンク市場と対顧客市場の二つに分類されています。

■インターバンク市場の参加者・・・各国中央銀行、銀行、一部証券会社、為替ブローカーなど

■対顧客市場の参加者・・・法人、機関投資家、ヘッジファンドなど

「みんなのシストレ」も対顧客市場に含まれており、個人でもインターバンク並みの条件で取引が可能です!

オンライン上で取引可能な時代に

一昔前までは、情報機器が発達していなかったので、為替の実勢情報等は為替ブローカーなどから入手していました。 しかし、近年では、インターネットの普及や各種情報通信機器の発達により、実勢為替情報はネットを通して即座に入手することが可能となりました。
取引もほとんどがオンライン上で完結しています。

なぜ24時間取引できるのか?

走り続ける為替市場

外国為替市場は24時間取引が可能です。
外国為替市場は物理的に存在しませんので、取引時間についても実際には○時から△時までという概念はありません。この仕組みについて簡単に説明します。

そしてまた、ニューヨークからウェリントンにバトンタッチされていきます。こうして為替市場は24時間取引が可能な市場となるのです。
眠らない為替市場は、時間とともに主な取引が行われている場所が移っていきます。その中でも東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場は世界の3大市場と呼ばれています。

外国為替レートの仕組み

外国為替レートってなに?

日本円と海外の通貨など、2国間の通貨を交換する時の取引価格、または相場のことをいいます。

「1ドル○○円○○銭」というのは米ドル/円の為替レートです。

みんなのシストレでは複数のカバー先からの配信レートを基に当社で生成したレートをお客様に提示いたしております。



外国為替レートはなぜ動く?

人気が出れば価値は上がり、人気がなくなると価値が下がります。
外国為替も考え方は同じです。たとえば「住居」の場合、みんなが住みたいと思う地域の「住居」は住みたい人が多いため、高い値段でも売れます。
逆に人気がない地域では住みたい人が少ないので売るためには安い値段で売るしかありません。
外国為替も同じで人気のある通貨は高くなり人気のない通貨は安くなります。

はじめるのにいくらかかるの?

1ドル=120円の時、個人のお客様がレバレッジ25倍で1000通貨(0.1Lot)をお取引する場合は、およそ4800円以上の証拠金が必要となります。

※必要証拠金額は日々変動いたします。