取引設定画面の見方・使い方

取引設定画面とは

取引設定画面はシステムトレードを始めるにあたり重要なページとなります。取引設定画面ではストラテジーをセレクトしたり、パフォーマンスを確認することができます。取引設定が完了している場合には”取引中”、取引設定が未完了の場合には”取引前”と表示されます。

取引設定が未完了

取引設定が完了

取引設定(取引前)について

パフォーマンスデータについて

取引前のパフォーマンスデータでは、セレクトしたストラテジーを稼働させた場合の予想収益等が表示されます。これらは、ストラテジーの過去の取引をもとに計算されています。

パフォーマンスデータ各項目について



セレクトリストについて

セレクトしているストラテジーが表示されます。最大で30までリストに追加することが可能です。
投資設定金額は5,000円以上10,000,000円以下の範囲で設定することが可能です。
投資設定金額をいくらにすればいいのか迷ったときは投資金額の目安を参考にしてみると良いかもしれません。
「投資金額目安」には、セレクトするストラテジーと同じ収益率で取引できる目安の金額を表示しています。

セレクトリストの変更(追加・解除)

システムトレードで重要なことは、運用成績を定期的に確認し、ストラテジーを入れ替えることです。例えば、成績が不振なストラテジーはセレクトリストから解除し、逆に、フォローリストの中で成績の良いストラテジーを新たにセレクトする等、ストラテジーを見直すことも大切です。セレクトリストから解除したストラテジーもフォローリストには残っていますので、定期的にパフォーマンスを確認してみてください。


セレクトリストに追加

セレクトを解除

取引設定(取引中)について

パフォーマンスデータについて

取引中のパフォーマンスデータでは、セレクトしたストラテジーを稼働させた後の含み損益等が表示されます。これらは、取引開始後の決済取引をもとに計算されています。


パフォーマンスデータ各項目とボタンについて



セレクトリストについて

セレクトしたストラテジーを稼働させた後の集計期間における収益等が表示されます。
取引開始後の取引をもとに計算されています。


セレクトリストのボタンについて